良い家庭教師の選び方

かわいいわが子のために良い家庭教師を選ぶには、やっぱりコツや注意点がありました。失敗しない家庭教師選びとは?

サイトトップ > 基本的に抑えておくべき注意ポイント

スポンサードリンク

良い家庭教師の選び方

基本的に抑えておくべき注意ポイント


ひと口に家庭教師といっても、派遣業者経由とフリーランスがあります。派遣の場合は料金なども決まっているため交渉の必要がありません。が、フリーの場合は直接契約を交わさなければならず、いくつか注意点を挙げましょう。


☆指導料金=指導料金が高いひとが、必ずしも指導力があるわけではありません。直接契約の場合、指導料金というものは家庭教師本人がてきとうに設定するものだからです。多くの場合、指導料金の高い家庭教師は単に金銭に執着しているか、うぬぼれが強いだけ。逆に料金の低い家庭教師は良心的だといえますね。ただ、料金の高低は絶対的な判断基準とはならないことは覚えておきましょう。


☆在籍大学=家庭教師が学生の場合、難関大学の学生にはそれなりの頭のよさは期待できますが、良い家庭教師かどうかはまったく別問題です。頭がよく誠実なひとが経験を積めば良い家庭教師になるでしょうが、誠実に熱心に指導し経験を積む学生は多くはないでしょう。


勉強内容の知識としては、生徒に教えるのに十分な知識をもっていれば問題ありません。後述しますが、頭がいい、有名大学の学生だ、という以外の部分が重要。家庭教師を選ぶさいに、ブランド志向は禁物です。


良い家庭教師の選び方

MENU



スポンサードリンク